総合トップページトップ新着情報今日は何の日
オクショクブンカカラダシゴトマナビタビハヤリ

お手軽伊達巻き



お正月料理の中で何が一番好きですか?

元旦の食卓に並べられたおせち料理の中で、わりと早くに欠品状態になってしまうものに伊達巻きがあります。

お正月料理と言うと保存性を考えて濃い味付けのものであったり、お酒のおつまみになるようなものであったりと、大人向けのメニューが多くなってしまうのですが、そんな中でも伊達巻きは子どもにも人気のある一品です。

もともとは「カステラかまぼこ」と呼ばれていたようで、確かにカステラとかまぼこを足して2で割ったような味、香り、食感ですよね。

またレシピを見ても、カステラかまぼこと言われるのも納得という材料が揃っています。

本格的な伊達巻きのレシピでは、むきえびや魚の白身をすりつぶすなどして作りますが、ここではもっと手軽に、はんぺんを使ったレシピを紹介します。

また市販品の伊達巻きでは甘すぎて口に合わない、という人にも喜んでもらえる甘さ控えめのレシピになっています。
手作り伊達巻jpg
材料:
・はんぺん…1枚
・卵…4個
・はちみつ…40g
・みりん…大さじ1
・塩…ひとつまみ
・しょうゆ…小さじ1/3、だし汁…大さじ2

作り方
 1.はんぺんは適当な大きさにちぎり、フードプロセッサーかミキサーに他のすべての材料とともに入れ、なめらかになるまで十分に攪拌します。

 2.オーブンシートを敷いた天板に「1.」を流しいれ、200℃に温めたオーブンで20分ほど焼きます。

 3.焼色がつけば、オーブンから取り出し、焼色がついた面が下になるように鬼すだれ(なければ普通の巻きすでOK)に置き、オーブンシートを外して端から巻いていきます。

 4.きっちり巻いたら3箇所ほどを輪ゴムで止めてそのまま冷まします。

このレシピの分量では、大きな天板の場合、焼き上がりが薄めになってしまうかもしれません。

逆に18cm角型や玉子焼き器では、巻けないことはありませんが厚めに仕上がると思います。






posted by お正月料理 記録の細道 at 22:08 | Comment(0) | 伊達巻きの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊達巻きの作り方



お正月用に売られるかまぼこはなぜあんなにも値が張るのでしょうか。

そのかまぼこと並んで、あるいはセットになって売られている伊達巻きですが、こちらもなかなかいいお値段がついています。

お正月商品は大体が高めの設定になっているようですが・・・

この伊達巻き、お正月料理の中でも口取りの代表格で、幅広い年齢層に人気のメニューになっています。

既製品は高いから、という理由でなくても、一度は手作りに挑戦してみたい一品でもあります。

ここでは本格的にえびを使った伊達巻きのレシピを紹介しましょう。


材料:
・卵…8個
・むきえび…150g
・塩…少々、
・調味料
(塩…小さじ1/2、しょうゆ…小さじ2、砂糖…大さじ6、だし汁…大さじ5

作り方
 1.えびは背わたを取り除き、塩水で洗ってから水気を拭き、包丁で粗く刻みます。

 2.フードプロセッサーにむきえびを入れ、軽く回します。

 3.ときほぐした卵を少しずつ「2.」に加えて回して混ぜます。

 4.さらに調味料を加え、よく混ぜ、なめらかな状態にします。

 5.オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、「4.」を流し入れます。

 6.200℃に温めたオーブンの中段で、こんがりと焼色がつくまで20分ほど焼きます。

 7.焼きあがったら、焦げ目を下にして鬼すだれにとり、クッキングシートをそっとはがして、包丁の背で2cm間隔に浅く切り目を入れます。

 8.鬼すだれの手前端を持ち、きっちりと巻いていきます。

 9.巻き終えたら鬼すだれを輪ゴムで3箇所止め、そのまま冷まします。

このレシピでは手軽にフードプロセッサーを使いましたが、家庭になければ、すり鉢に材料を順に入れて、その都度ていねいにすりつぶしながら混ぜていく方法でも作れます。

また、鬼すだれがない場合は普通の巻きすで作ることもできます。

しかしお正月料理を手作りしたいと考えているのなら、鬼すだれをひとつ用意しておくのもよいかもしれませんね。







posted by お正月料理 記録の細道 at 06:02 | Comment(0) | 伊達巻きの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お豆腐
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。