総合トップページトップ新着情報今日は何の日
オクショクブンカカラダシゴトマナビタビハヤリ

伊達巻きの作り方



お正月用に売られるかまぼこはなぜあんなにも値が張るのでしょうか。

そのかまぼこと並んで、あるいはセットになって売られている伊達巻きですが、こちらもなかなかいいお値段がついています。

お正月商品は大体が高めの設定になっているようですが・・・

この伊達巻き、お正月料理の中でも口取りの代表格で、幅広い年齢層に人気のメニューになっています。

既製品は高いから、という理由でなくても、一度は手作りに挑戦してみたい一品でもあります。

ここでは本格的にえびを使った伊達巻きのレシピを紹介しましょう。


材料:
・卵…8個
・むきえび…150g
・塩…少々、
・調味料
(塩…小さじ1/2、しょうゆ…小さじ2、砂糖…大さじ6、だし汁…大さじ5

作り方
 1.えびは背わたを取り除き、塩水で洗ってから水気を拭き、包丁で粗く刻みます。

 2.フードプロセッサーにむきえびを入れ、軽く回します。

 3.ときほぐした卵を少しずつ「2.」に加えて回して混ぜます。

 4.さらに調味料を加え、よく混ぜ、なめらかな状態にします。

 5.オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、「4.」を流し入れます。

 6.200℃に温めたオーブンの中段で、こんがりと焼色がつくまで20分ほど焼きます。

 7.焼きあがったら、焦げ目を下にして鬼すだれにとり、クッキングシートをそっとはがして、包丁の背で2cm間隔に浅く切り目を入れます。

 8.鬼すだれの手前端を持ち、きっちりと巻いていきます。

 9.巻き終えたら鬼すだれを輪ゴムで3箇所止め、そのまま冷まします。

このレシピでは手軽にフードプロセッサーを使いましたが、家庭になければ、すり鉢に材料を順に入れて、その都度ていねいにすりつぶしながら混ぜていく方法でも作れます。

また、鬼すだれがない場合は普通の巻きすで作ることもできます。

しかしお正月料理を手作りしたいと考えているのなら、鬼すだれをひとつ用意しておくのもよいかもしれませんね。







posted by お正月料理 記録の細道 at 06:02 | Comment(0) | 伊達巻きの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
お豆腐
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。