総合トップページトップ新着情報今日は何の日
オクショクブンカカラダシゴトマナビタビハヤリ

鯛の黄金焼き

おめでたい魚と言えば、誰もが「鯛!」と答えるでしょう。
鯛は海の魚の王様として、姿、色、味ともにすばらしく、鯛の右に出るものはありません。
「めでたい」の言葉の意味にも通じ、縁起が良い魚としてお正月料理や結婚式などのお祝い膳には必ず供されます。
尾頭付きの一尾の塩焼きはお正月料理の主役ですが、切り身の鯛の変わり焼きレシピもお正月らしく、私たちの目と口と心を満足させてくれます。
と言うことで、ここでは鯛の切り身を使った黄金焼きのレシピを紹介したいと思います。

材料:鯛…半身、塩…少々、黄身だれ(卵黄…1個分、みりん…小さじ1、塩…少々)、けしの実…少々
作り方
 1.鯛は三枚におろし、その半身は大きさを揃えて6つに切り分けます。
 2.「1.」に塩をふってしばらくおきます。
 3.「2.」をさっと水洗いしてペーパータオルで水気を拭き取ります。
 4.身の厚さの半分くらいのところに金串を3本、末広にさします。
 5.「4.」を遠火の強火で焼き、程よく焼けたら裏表を返して火が通るまで焼きます。
 6.黄身だれの材料を混ぜたものを、鯛の身のほうにはけでたっぷりと塗り、乾かす程度にさっと焼きます。
 7.黄身だれも焼けたら、熱いうちに金串を回しながら抜き取ります。
 8.表面にけしの実をふって盛り付けます。

最後に鯛の表面を飾るけしの実は、切りごまや青海苔でもよいです。
熨斗鶏を作るためにけしの実を用意してあるならともかく、普段からけしの実を常備してある家庭はなかなかありません。
家庭にあるもので上手く代用して作るのも楽しみのひとつです。
posted by お正月料理 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | おせち料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
お豆腐
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。