総合トップページトップ新着情報今日は何の日
オクショクブンカカラダシゴトマナビタビハヤリ

鰆の西京焼き

さわらは漢字で「鰆」と書き、新春にはふさわしい魚としてお正月料理にはよく使われます。
また西京焼きにすると冷めてもおいしく、日持ちもしますので、まさにお正月料理向きのメニューです。
ここでは、鰆の西京焼きのレシピを紹介します。

材料:さわらの切り身…4切れ、塩…少々、みそ床(西京みそ…300g、酒…大さじ2、みりん…大さじ1)
作り方
 1.さわらの切り身に塩をふり、2〜3時間おきます。
 こうすることで魚の余分な水分が抜けて身がしまり、臭みも抜けます。
 2.みそ床の材料を合わせたものの半量をバットに敷き、ガーゼをかぶせて「1.」のさわらの水気を拭いて並べます。
 3.「2.」のさわらの上にガーゼをかぶせ、残りのみそ床を上から広げ、ラップをして冷蔵庫に3日ほど置きます。
 4.「3.」のさわらを取り出し、魚焼きグリルかオーブントースターで15分ほど焼いて中まで火を通します。
 西京焼きは焦げやすいので、途中で焦げそうになったらアルミホイルをかぶせてください。
 5.さわらに火が通ったら、はけで分量外のみりんをさわらに塗って、魚焼きグリルの余熱で乾かしツヤを付けます。

使ったみそ床は冷蔵庫で保存すると2週間ほど持ちますので、もう2〜3回使うことができます。
お正月料理ではおせちの二の重にこういった焼き物が詰められますが、同じ味にならないように、西京焼き、塩焼き、照り焼きなどレシピに変化をつけるとよいでしょう。
さわらのように冬においしい旬の素材を取り入れることも大切です。
posted by お正月料理 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | おせち料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
お豆腐
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。